Future connect Inc.

会社情報
会社名株式会社 フューチャーコネクト
本社所在地〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビルB1
ラボ〒350-1152 埼玉県所沢市北野1-5-19
設立平成18年
代表取締役佐藤 修蔵
従業員数5名

代表者履歴
年度説明
1989〜2000年 株式会社光通信という営業会社に入社。主に事務畑を渡り歩く。光の速さで従業員が辞めてしまう為、コンピューターによる管理を構築。 主に「管理不能」になった管理部門の立て直しを行う。 よって経理以外の管理系職種をすべて経験する。人事制度立案・諸規定立案・営業管理部門立ち上げ・M&A部門等多数。 初めての業種でも3日するとスペシャリストと呼ばれ、なぜ出来ないのか?と怒られるのに耐えているうちに、 商売と業務のポイントをシンプルに把握する能力が強制的に養われる。 また管理不能になった原因を「業務の煩雑化」にあることを体験してきたので、物事をシンプルに処理する方法を編み出す。
2000〜2004年 株式会社エムティーアイに入社。流行りの携帯サイト設計を行う。サイトの企画・立ち上げ業務を行う。 この時「ソフトウェアプロトタイピング」と出会う。
2004〜2007年 パソコンレスキュー(屋号)として独立。パソコンをレスキューするつもりが、入ってくる仕事はシステム開発。屋号と仕事内容の不一致を一応気にしつつ開き直る。 この時点で他のシステム開発屋さんと差別化を図る為、商売の仕組みとポイントから逆算して業務とシステム設計した方が良いと判断する。 以来、お客様の「こういうことをやりたい」を聞いて全業務・全帳票を設計し、業務拡大に必要最低限のシステムを構築する方式をとる。
2007〜2011年 独立して3年もったので法人化する。主に誰も出来ない事を行う。
最近では葬儀をIT化するシステムやリサイクルショップの仕入・在庫・売上予測等を行うシステムを作る。
リサイクルショップはマスターを持たない在庫管理という煩雑な業務を、シンプルかつ簡単に行うことが可能である。現在Yahooショップ家電部門3位の会社が月商400万の3年前に入れたシステムがそのまま10倍の規模になっても 全く問題なく稼働しているのが自慢